穴ブログ~穴馬特化型予想~

穴にまつわるブログです。穴とは「欠点・弱点」のほかに「他人が気づかない良い事柄」 という意味もあります。私自身が穴だらけの人間であり、天邪鬼なため”穴”馬や”穴”場を好みます。 他人が気づかないことに気づける感性を持ち続けるためのブログです。

MENU

【組織改善】上司への不平不満・愚痴をなくす方法【指示の受け方・伝え方】

上司からの指示(基本無茶振り)

→不満・愚痴につながるか

→モチベーションアップにつながるか

それはリーダーの指示の受け取り方と部下・後輩への伝達の仕方で決まります。

 

答えは「常に2つ上のタイトル(役職)の視点で仕事をすること」にあります

 

以下のパターン事例を見ていきましょう。

①不満・愚痴につながるパターン

②モチベーションアップにつながるパターン

 

【指示内容】 

「人件費を1.0%下げろ」

【指示系統】

本部長→部長(上司)→【自分】→部下・後輩

 

 

①不満・愚痴につながるパターン 

部長(上司)からの指示

「人件費を1.0%下げろ」

🔻

【自分】

「は?人で不足なのに無理だろ」

「現場のことなんかわかってないくせに」

🔻

【自分】→ 部下への指示

「部長が人件費1.0%さげろってさ」

🔻

【部下・後輩】

・・・

 

 

②モチベーションアップにつながるパターン

部長(上司)からの指示

「人件費を1.0%下げろ」

🔻

【自分】

「上司はなぜその指示をしたのか?」

「本部長(上司の上司)から言われたのかな?」

「部長、それ誰からのどんな指示なんですか?」

🔻

【部長】

「本部長からの指示で、当エリアは2.0%の削減が必要なんだけど、みんな頑張っているから1.0%の削減で譲歩してもらったんだよ。」

🔻

【自分】→ 部下への指示

「部長は当エリアが2.0%削減が必要なんだけど、みんな頑張っているからと1.0%の削減でと本部長に掛け合ってくれた。みんな1.0%とは言わず、2.0%削減にチャレンジしてみないか。」

🔻

【部下・後輩】

・・・

 

【部下・後輩】の反応は想像にお任せします。

 

まとめ

同じ指示でも、視座を上げて、相手の立場で考えることで

ここまでコミュニケーションが変わることを学びました。

物事の背景をつかむことで、ストーリーとして感情に訴えることもっできます。

得てして、人の心を動かすのは論理よりも感情であることが多いです。

 

鴨頭嘉人氏の動画はYoutubeで無料公開されています。

今回のネタはこちら↓

【出世大全】仕事できない人がやっていないたった一つのこと - YouTube